メリットポイントとは?

Last-up-date.07/06/06

LV75になると 経験値ではなくリミットポイントを貯め、メリットポイントとして各パラメーターを上げることが出来ます。

まず、LV75のジョブで ル・ルデの庭のMaat横に居るモーグリに話しかけ、だいじなもの「リミットブレーカー」をもらいます。
そうすると、Lv75のジョブの時のみ、通常メニュー>ステータスメニューの一番下に「メリットポイント」の項目が表示されます。

メリットポイントは、ジュノ・3国・アトルガンエリアのモグハウス内でのみカテゴリー選択操作が可能です。
出張モーグリでのメリットポイント操作は出来ません。

モグハウス以外でも、メリットポイントメニューの閲覧(操作は不可)・モード切り替えの操作は可能です。
ただし、LV制限を受けている状態や、ビシージでのモード切り替えは出来ません。

モード切り替え

通常経験値がいっぱいになると、それ以降の経験値は自動的にリミットポイントとして加算されて行きます。
このモード切り替えを行うことで、経験値として加算するか、リミットポイントとして加算するか任意に設定できます。

リミットポイント1万で メリットポイント1 となり、メリットポイント10とリミットポイント9999まで貯める事が可能です。
メリットポイントを使用しなければ、それ以降はポイントの加算はされません。

メリットポイントの上限は、LV75のジョブ全てで共有となります。

カテゴリー選択

リミットポイントを貯め、メリットポイントとなったものを使用して パラメーターを上下させる操作が出来ます。

メリットポイントで上げた能力の効果は全てのジョブに適用され、75に満たないLVでは、段階的に適用されます。

LV1〜9は、適用されません。LV10〜19が一段階目、以降LV50まではLV10毎に段階となり、
LV55以降は5LV毎に、1段階として適用されます。

操作時のLV75のメインジョブが持っているスキルのカテゴリー操作しか行えません。

LV75のジョブが複数有る場合、メリットポイントは共有となっている為、LV75の他ジョブのカテゴリー操作も可能です。

例えば戦士で貯めたメリットポイントを、操作時ジョブチェンジする事により赤魔道士の持つスキルを上げる事も出来ます。

一度上げた能力値を下げ、他の項目を上げることは出来ますが、下げた能力値分のメリットポイントは戻りません

リミットポイント加算時に、戦闘不能となった場合にも、通常通り経験値が減少します

通常エリアで、リッミットポイント取得が可能な状態であれば、制限エリア内でもリミットポイントの取得が出来ます。
通常、制限エリアでの経験値は減少しますが、リミットポイントは100%取得できます

ジョブ毎のカテゴリーで上げた能力は、他カテゴリーと異なり、「該当ジョブがメインジョブである」「LVが75である」
という2つの条件を満たした状態でのみ適用されます。

このジョブ毎のカテゴリーは、上限値がそれぞれのジョブカテゴリー毎に設定されているため、
他ジョブとの振り分け具合などを考える必要無く、上げることが出来ます

→Pagetop

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット